スマイルケア西八王子デンタルクリニック > クリニック案内 > 環境を守る予防治療

環境を守る予防治療

環境に優しい歯医者さん

環境に優しい歯医者さん

当歯科では、お口のトラブルを治す歯科治療と同じ位、虫歯や歯周病にならないための予防治療に力を入れていますが、これにはふたつの理由があります。

ひとつは、患者さんの“健康”を守るためです。
スマイルケア西八王子デンタルクリニックは、「治療をしたくない」歯医者さんです。なぜなら、一度治療した歯は、健康な歯に比べて寿命が短くなると言われているからです。患者さんに生涯自分の歯でいていただくために、「虫歯を作らない:再発させない」「歯周病を進行させない」を理念として、徹底した予防処置をおこなっています。

そしてもうひとつは、“環境”を守るためです。
失われた歯を取り戻すことができないように、失われた環境を取り戻すことは不可能に近いのではないでしょうか? 患者さんに一生健康で明るい生活を送っていただくためにも、歯科医院の立場から地球環境問題に取り組みたいと考えています。

予防治療とエコロジー

「歯医者さんがエコ?」と不思議に思われるかもしれませんが、歯科医院でも皆さんがご家庭で実践されているようなエコロジー対策ができます。
それは、“できるだけゴミを出さない”ことと、“資源の消費を最小限に抑える”ということです。

虫歯治療で消費する資源

虫歯治療で消費する資源

歯の治療をする時にはどのくらいの資源を使用するかご存知ですか?
虫歯治療に使用する器材の一例を、実際にご覧ください。

例えば、むし歯になって被せ物を一つ作るだけでも、材料・器具・水・電力…と軽く数えてみても100以上です。
しかも使用した資源の多くは、残念ながらゴミになってしまいます。

予防治療(メインテナンス)で消費する資源

予防治療(メインテナンス)で消費する資源

それでは予防治療(メインテナンス)ではどうでしょうか?
虫歯治療で使用する器材と見比べてみてください。虫歯治療と比べるとかなり少ないことが、ひと目でお分かりになると思います。

予防治療をする時に使用する資源は、およそ20。虫歯治療に比べて約1/5にまで資源の使用を減らすことが出来るのです。お口の健康維持だけではなくエコにも繋がる予防。みなさんも私たちと一緒に新しい環境活動への取組みに参加しませんか?

環境活動への取り組み

ISO14001の認証を取得しました

漠然と「環境活動に取り組む」と言っても、実態が伴わなければ意味がありません。当歯科では環境活動の具体的な取り組みとして、2010年3月31日に予防歯科の視点として、東京都で初めてISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得いたしました。スタッフ全員が一丸となって取り組まなければ取得できない認証です。

 

ISO14001とは?

ISOとは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称です。ISOが発行した規格のうち、地球環境保全のためのマネジメントシステムを規格化したものがISO14001です。

分かりやすく説明すると、環境に対して組織活動(当歯科の場合は「歯科治療」)が及ぼす影響を低減していくシステムについての国際規格です。長期的な環境保全のための「計画」を立てて「実行」し、結果を「検証」して、不都合があれば「見直し」て「再計画」することを継続的におこなうことがシステム化されていなければなりません。

組織(歯科医院)で実施しているシステムが国際規格に適合しているかどうかの審査に合格して、規格適合組織として登録されることを“認証”といいます。

ISO14001環境方針

当歯科は、豊かな自然環境に恵まれた地域に所在し、地域において豊かな21世紀社会へ貢献する為に、環境と歯科医療の調和ある成長を目指している。

現在の日本は平均寿命が80才を超え、他の分野同様に医療において欧米諸国と比べても高い水準にある。しかし、日本国民の口腔内の状況は欧米の先進国に比べ非常に悪い状態である。これは、歯科保険制度による長年の主訴治療優先の歯科医療に関係している。
これから、日本国民の口腔内を改善して行くには、主訴治療優先の歯科医療ではなく、欧米諸国が行っているような予防中心の歯科医療が必要である。

当歯科は、歯科医療を身体の健康を維持するための土台となる医療ととらえ、個人個人にあったメインテナンスを定期的に継続することで、健康な人を健康のまま維持し、また、問題を抱えて来院された方には適切な治療を行った上で、得られた状態をできるだけ長期に維持していく。
そして、メインテナンスにより、その人の生涯における虫歯や歯周病の治療を減らし、歯科治療によって消費される貴重な地球資源、エネルギーを節約していく事を環境方針とする。

  1. 地域における歯科医療を通じて環境を配慮した高度な治療及び作業環境の改善を図り、環境マネジメントシステムの継続的改善と汚染の予防に努める。
  2. 当歯科の歯科治療の関する環境側面に関係して適用可能な法規制及び同意するその他の要求事項を順守する。
  3. 当歯科は以下の事項を目的・目標の枠組みとして取り上げ、実践することにより、患者の口腔内の機能回復と予防の推進を通じ、地域単位で口腔内の健康状態を改善する。
    (1) MTMの実践
    初期のリスク評価から個々の患者に合わせた予防プログラムを立案し、最小侵襲治療などを行い、定期的なメインテナンスに至るメディカルトリートメントモデル(MTM)を行う。
    (2) 地域への環境改善活動
    各種セミナーの開催を通して、地域社会への環境啓発活動を促進する
    (3) 医療廃棄物の適正管理

2010年 1月18日 改定
スマイルケア西八王子デンタルクリニック
院長  牧野 泰千